2019年1月11日(金)~2月11日(月・祝) スケリグ演劇

人間にもかつては翼があったのかもしれない――

ファンタジー児童文学の傑作を斬新に舞台化!
冬の終わり、古い家に引っ越してきたマイケルは、荒れ果てた庭の崩れかけたガレージで「彼」を見つけた。
ホコリ と虫の死骸まみれの服、捻じ曲がった身体、スケリグと名乗った彼の背中には、奇妙なものが生えていた。
マイケルにはまだ赤ちゃんの妹がいる。でも重い病気で、両親は妹にかかりきり。マイケルは、隣家のちょっと変わった少女・ミナと一緒に、スケリグを助けようと秘密の活躍を始める。月明かりの中の冒険、フクロウの住む廃墟、神出鬼没の猫、小さな妹への想い…そして、スケリグ。彼は一体何者なのか?

2019年3月29日(金)~4月28日(日)  BLUE / ORANGE演劇

2010年の初演で、成河が第18回読売演劇大賞優秀男優賞を受賞し、話題を呼んだ本作を初演とは配役を変えて再演!

ロンドンの精神病院。境界性人格障害のために入院していたアフリカ系の青年クリスは、研修医ブルースによる治療を終えて退院を迎えようとしている。
しかしブルースには気がかりなことがあり、退院させるのは危険だと主張していた。上司のロバート医師はそれに強く反対し、高圧的な態度で彼をなじる。
納得のいかないブルースはクリスへの査定を続け、器に盛られたオレンジの色を問う。彼はそのオレンジを「青い」と答えた――。

スタッフ募集!